ハリーポッター

ハリーポッター
  • Harry Potterの概要

    ハリーポッターは、イギリスの作家J.K.ローリングによるファンタジー小説で、1997年に第1作『ハリー・ポッターと賢者の石』から2007年に『ハリー・ポッターと死の秘宝』まで全7巻のシリーズが刊行されており、当時無名の新人による作品であるにもかかわらず、全世界に一大ブームを引き起こした驚異の作品です。

    児童文学にも関わらず、大人から子供まで、幅広い層に支持され、現在は200以上の国と地域で、約69の言語に翻訳され、全世界で4億5千万部を売り上げる、超ベストセラー小説となっており、シリーズ全てが、映画化されています。

    2001年から8本のシリーズの映画が公開され、シリーズ世界歴代3位の興行収入を獲得、2016年以降、映画版のセットを模倣したテーマパーク・ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターが主要都市で開園しており、その勢いはとどまるところを知りません。

    映画の中で小説の世界観をそのまま再現した物語の要となる建物(魔法界名所)やキャラクターも、いよいよ時を待って登場!通称「ハリポタ」のコレクションを、ストーリーに寄せて、是非ともお楽しみください!

ハリーポッタービレッジ
ハリーポッタービレッジ
ハリーポッタービレッジ

千年の歴史を持つ、時を超越した牙城

ハリーが魔法学を学び、宿敵との闘いの結末まで、物語の要になった舞台であり、大広間、天文台は、登場人物と同様、印象強く残っているのではないでしょうか。映画のワンシーンを思い浮かべながらライトアップしたホグワーツを是非ともをお楽しみください。

ハリー&ダンブルドア

ハリーポッタービレッジ

ハリーの運命を知り、打ち勝つために教え導いたダンブルドア校長と、額の傷がリアルに再現されたハリーポッターのフィギュアです。

ハリーポッタービレッジ

森番の小屋

ホグワーツの鍵と領地を守る番人ルビウス・ハグリットが居住する小屋で、ホグワーツの敷地内にあり、ハリー、ロン、ハーマイオニー仲良し3人組の友情を深める場所でもありました。見る人を映画の世界に引き込んでしまうほど精巧に作られたハグリットの小屋は、シリーズコレクションにおすすめです。

ハリーポッタービレッジ

ハグリット&ピッポグリフ

ハグリットとそのペット、ヒッポグリフのフィギュアです。映画『ハリーポッターとアズバカンの囚人』で、魔法生物飼育学の授業の中で、ハグリットが、ヒッポグリフの扱いを生徒に教えるというシーンがありました。ハリーは上手く乗りこなしていましたよね。

ハリーポッタービレッジ

ウィンガーディアム・レビオーサ!(浮遊せよ)

ハリーの親友、ロン&ハーマイオニーのフィギュアです。映画では、「呪文学」の授業で、ロンがよく発音を間違えていたのを、ハーマイオニーが正していたシーンが印象的です。

ハリーポッタービレッジ

紀元前382年創業、高級杖メーカー

『ハリー・ポッターと賢者の石』で、ダイアゴン横町に初めて行ったハリーが、魔法使いに欠かせない杖を買うため訪れた場所です。ライトアップされたオリバンダーの店は、ディケンズビレッジ風の趣ある建物を感じさせます。

ハリーポッタービレッジ

Department56が贈る、映画「ハリーポッター」の世界観を驚くほどリアルに再現したミニチュア・ ライトハウス。
主人公をはじめ、多くの登場人物のフィギュアとともに飾ると、ストーリー性が生まれ、楽しさも倍増します!ホグワーツ城や、オリバンダーワンズショップ、ハグリットの小屋など活き活きと物語が蘇る! ハリーポッター・コレクションをどうぞお楽しみください。

並び替え
表示切替
 1 - 7件目(全7件中) 
1 - 7件目(全7件中)